FC2ブログ
11.18
Wed
縁鎌倉ウエディングのこだわり その6:  「分かりにくい」

みなさんこんにちは。

さて今回も、皆様にはお伝えしきれない縁鎌倉ウエディングの魅力に(すこしずつ)迫ってみようと思います。

今回のテーマは「分かりにくい」です。
何が分かりにくいかというと、ウチのサロンです。
特に初めてお越し頂く方々には、一見地図上で分かりやすそうですが分かりにくい場所にあるのです。
お店なのだから、路面に面しているのが普通ですが、
ウチのサロンは今小路(いまこうじ)と呼ばれる道路からさらに細い路地に入ったところにあります。

看板を作ることも考えましたが、
私たちは「分かりやすさ」より「この鎌倉らしい風情ある景観」を大事にしたいと考え、
あえてこの通り沿いに看板を出さないことにしました。

もしかしたら看板を出すことによって、もっと儲かるかもしれません。
しかし、この細い路地に人の往来が増えすぎると
周りのご近所の方々のご迷惑になってしまう可能性があります。

やはりウチのサロンからお式に向かわれるご新郎ご新婦に、
ご近所の方々にも暖かな眼差しで祝福して頂きたいものです。
近所迷惑になってしまっては祝福どころでは無くなってしまいます。

儲ける事よりもっと大事な事があると縁鎌倉ウエディングは考えます。

なのではじめての方々には大変申し訳ありませんが、あえて分かりにくいままとなっております。

今回は初めてお越し頂く方々のために、軽く道順をご案内したいと思います。

0002この風景が見えたら

鎌倉駅西口から信号を右に曲がりまっすぐ進みこの景色が見えてきたら、

0003画面の左側の細い道を入り

画面の左側の細い道を入り、

0004この道をつきあたりまで進むと

この細い道を突き当たりまで進むと、

0005ウチのサロンです。

ウチのサロンが見えてきます。


縁鎌倉ウエディング
http://www.enishi-kamakura.jp/

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
11.13
Fri
みなさんこんにちは。
縁鎌倉ウェディングのこだわりについて、今日は一番大切な写真の話。

縁では、コンセプトの一つに

【10年後、20年後も飾って頂けるような絵になる写真】

というテーマを
撮影させて頂く全てのフォトグラファーに共有させて頂き
一人一人がお客様に寄り添った撮影ができるように努めさせて頂くべく、
フォトグラファーが集まって勉強会を開いております。
(実はこうゆうことって、写真屋さんではけっこう珍しいことです。)

これは、【縁】としての撮影クオリティを上げることはもちろんですが、
日本のウェディングフォトそのものを、海外のレベルに引き上げていきたいという
縁 代表フォトグラファー 周 鉄鷹 の願いもございます。

周の豊富な撮影知識や経験の共有はもちろん、
自身も積極的に海外講習へ出かけたり
日本、海外での有名フォトグラファーから講義で得た内容を伝えることで
縁に関わるフォトグラファーにも、同じ体験を共有していきます。

フォトグラファーにとって知識は、自身の表現を具現化する手段であり、
一つでも多くの知識を得ることは、
被写体であるお二人の想いを、写真に表す方法を知ることにつながります。

知識共有の為の勉強会でしたが
フォトグラファー同士での意見交換ができることでモチベーションが高まり、
志の高いフォトグラファーが集う場となりました。

縁で撮影して頂くお客様ひとりひとりに、
大切なお写真を残して頂けますように。
そして、これからも
縁の成長と発展を、皆様に見守っていただければと思います!


縁鎌倉ウエディング
http://www.enishi-kamakura.jp/

E-mail:info@enishi-kamakura.jp
Tel:0467-39-5042 定休日:毎週水曜日

鎌倉和装前撮り縁カメラマン

comment 0 trackback 0
11.09
Mon
縁鎌倉ウエディングのこだわり その4: お茶

みなさんこんにちは。

さて今回も、皆様にはお伝えしきれない縁鎌倉ウエディングの魅力に(すこしずつ)迫ってみようと思います。

前回のテーマ梅ジュースでしたが、これはごく限られた人しか飲めなかったわけですが、
今回はいつもお出ししているお茶について、お話してみようと思います。

当サロンで皆様にお出ししているお茶は、ペットボトルのお茶ではなく、
火から降ろしたお湯で、入れた茶葉を浸したお茶をお出ししています。

それもいままで淹れたお茶は
台湾産・凍頂烏龍茶・阿里山茶・九文茶、中国福建省・武夷岩茶・鉄観音茶などなど本格派ばかり。
正直、続けられるか不安でしたが
いままで9割5分以上は淹れたお茶でお出し出来たので、ブログに掲載することにしました。

そもそものきっかけは他とは一味違ったおもてなしを考え、
たまたま手元にあった台湾茶をお出しして好評だったのがきっかけで、
以来ウチのサロンの開店準備の日課の一つにお茶を淹れる事となりました。

0000.jpg

正直、ウチの本業とは全く関係ないし、お客様の中には気づかない人だっていますし、
そこにコストをかけなくても何も問題はないのですが、
結婚式や前撮り撮影ってお打ち合わせやお支度するところから始まっているわけで、
いい気持ちでお支度が出来てから臨む結婚式や前撮りは気持ちから違ってくるものです。

このようなお客様に見えない努力の積み重ねがお客様のご満足を提供するものだと私たちは考えます。


縁鎌倉ウエディング
http://www.enishi-kamakura.jp/

comment 0 trackback 0
10.19
Mon
みなさんこんにちは。

さて今回も、皆様にはお伝えしきれない縁鎌倉ウエディングの魅力に(すこしずつ)迫ってみようと思います。

今日のテーマは撮影とは全く関係ありません。梅ジュースです。こだわりというのかどうなのか微妙なのですが、今日はこれで行きます!!

事の発端は、サロンがオープンして、初めての6月。庭のサロンに植えてある梅の木が実をつけているのが始まり。
庭掃除でポタポタと実が落ちてきて困っていたのですが、ひょっとして食べられるのでは?
と色々と思案したらジュースにしてみたら結構おいしく仕上がったのでお客様に振る舞う事にしたわけです。

天然無農薬というか、ほったらかしで育った梅の実に、下ごしらえをしっかり行い(ここ大事!)、
お砂糖と梅だけの無添加梅ジュース。特に夏の暑い時期の梅ジュースは格別です!
日本全国にたくさんのウエディングサロンがありますが、
庭で収穫した梅ジュースを(たまに)お出しするのはおそらくウチだけでしょう。


1014895_288660514613837_27404044_o.jpg

(漬け込み中の梅ジュースたち)


ご来店頂いた皆様に毎回、振る舞いたいところですが、庭の梅の木が1本しかないので収穫に限りがあるのと、
仕事の合間に漬け込み作業を行い飲み頃になるタイミング次第なので、
お飲み頂けるお客様が限られてしまうのが、残念なところ。

残念ながら今年収穫分はつい先日に飲み干したので、また来年も気合を入れて梅ジュースをつくります。お楽しみに!!

縁鎌倉ウエディング
http://enishi-kamakura.jp/
comment 0 trackback 0
10.14
Wed
みなさんこんにちは。

さて今回も、皆様にはお伝えしきれない縁鎌倉ウエディングの魅力に(すこしずつ)迫ってみようと思います。

今回のテーマは色の大切さです。

おかげさまで、縁鎌倉ウエディングをお選び頂くポイントの一つに写真がきれいということで
当サロンをお選び頂くお客様が増えております。

なぜきれいなのか?きれいな写真を仕上げるためにはたくさんの要素がありますが、
そのひとつに色の管理を大切にしているということが挙げられます。

業界内ではカラーマネージメントなんて言葉が使われていたりしますが、
そもそも色の管理することが重要視しているかどうかがポイントです。

同じ白でも、ドレスのふんわりとした白と、白無垢の艶やかな白は違うこと当然のこと。
それをいかに写真に再現し正しく評価するか?

当サロンで画像を編集・管理する際に使うモニターは世界で唯一、
色を正しく再現でき、さらに色再現に不具合が発生しても確認が取れるモニター
EIZO社製のColorEdgeを使用。

当サロンの事務所では5人のスタッフ全員が同じ色で見られるように環境を整えております。
フォトグラファーやアルバムデザイナーの意図を反映するためには、
色を正しく再現するモニターが必要であり、きれいに映すモニターや、
鮮やかに映すモニターでは正しく評価出来ないのです。

もちろんいいモニターを導入するだけではありません。スタッフにはカラーマネージメントに対する教育を行い、
定期的にモニターをメンテナンスし、モニターに入力するパソコン本体もスペックを上げていることは言うまでもありません。

キャリブレーションの様子2

キャリブレーションの様子1
(キャリブレーションの様子)

この地道な努力に積み重ねたきれいなお写真をあなたもふれてみませんか?

縁鎌倉ウエディング
http://enishi-kamakura.jp
comment 0 trackback 0
back-to-top